交通事故の加害者として弁護士に相談しました。

交通事故の加害者になりました。自動車を運転中、夜間、信号のある交差点を右折したときに、横断歩道を直進してきた無灯火の自転車と衝突し、すぐに救急車と警察、損害保険会社に連絡しました。幸い、被害者は足の打撲致傷で自転車が破損しましたが、入院せず、通院処置で済みました。 警察の聴取に対しては、相手方の自転車が無灯火で発見が遅れた点も主張はしましたが、基本的に横断歩道内の事故であり、歩行者等の安全確保を務めなかった当方の過失割合が高く、損保会社の判断した過失割合は80対20でした。 その後、当初の救急車で搬送された病院での通院は3ケ月で終わりましたが、その後6ケ月の整体リハビリ通院があり、医療費は100万円くらいになりました。 その間、損保会社からの示談金の提示額は50万円でしたが、被害者側は、納得しませんでした。 そこで弁護士に相談することにしました。損保契約では弁護士特約を付けていませんでしたので、まず、県の交通事故相談センターを予約して無料で交通事故専門の弁護士に相談しました。 その際に、示談金には損保会社基準額と、裁判所基準額があることを初めて知りました。もし被害者側が裁判に訴える場合は、通常は裁判所基準額が損保会社基準額を大幅に上回るので、その場合は、自己負担しなければいけないことを知って愕然としました。 その間、外資系の損保会社担当からは逐次、事故後の経過報告は受けていましたが、示談を進めるように担当者には、お願いして補償額を10万円,上積して被害者に提示して貰い、最終的には事故発生から約1年近く経過して被害者が示談に応じました。 なぜ、被害者が示談に応じたのかは推測ですが、裁判に訴えても弁護士に払う着手料金だけで30~40万円、そのほか諸費用含めれば50万円以上のなるので、裁判に費やす時間と手間など考えて得にならないと被害者が判断したのだと思います。 反省として、損保契約には弁護士特約を付加しました。特約の年間保険料は、わずか200円ですので、今回の事故は軽微なものでしたが、自分で弁護士を探して相談する手間と精神的負担を考えれば、まさに安心の為の保険料だと思えば安いものです。

弁護士さんのおかげです

会社から自宅へ帰る途中、事故にあいました。 2車線の道路の左側を走行中、右車線前方に右折を待つ車が一台いるなぁと思ったところ、右後ろから、右折車を避けて左車線に急に車線変更してきて接触。そのまま走っていきそうだったのでクラクションを鳴らし続けたところ、2つ信号を進んだところで停車し、警察を呼びました。 斜め後ろから当てられ、バンパーが傷つき外れてしまい走行不能にまでなりました。 知り合いに事故専門の弁護士さんを紹介してもらい対応していただくことにしました。 こちらも動いているときの事故のため、通常なら7(相手):3(こちら) か良くて8:2になる とのこと。 しかし、こちらは左車線内をまっすぐ走行していただけ、相手は前方に右折車線がいるのを避けようとして強引に後ろからこちらを抜かしながらの車線変更、そして接触事故まで起こされたんです、それでは納得いきません。 しかし車の傷から、斜め後ろから当てて抜かして行ったことは明白で、粘り強く相手の保険会社と交渉をしてくれました。 結果9.5(相手):0.5(こちら)まで持っていてくれました。 こちらも動いているので相手10には絶対ならないとのことで、9.5まで持って行けたのは弁護士さんに相談したおかげだと思います。 素人では、「動いている同士の事故は両方に責任がある」と言われればそこで諦めていたと思います。 今回の弁護士さんには大変感謝しています、事故はもう無いに越したことはありませんが、知り合いで事故にあって困った方がいれば、このお世話になった弁護士さんを紹介したいと思います。

弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私には非がないとされました。救急車で運ばれ緊急処置、一時意識不明、足は大きく腫れて体液が溜まる状態になりました。治療の結果、一部記憶喪失、くも膜下出血と脳挫傷、足の傷で後遺障害14級と認められました。 最初は自分で相手の任意保険の会社とやり取りしていたのですが、金額があまりにも低い、さらに法的に認められる後遺障害判定時に必要な医師の診断書に金額も含めていないなど不信感があり弁護士を挟むことにしました。 今は交通事故なら電話や郵送のやりとりで全国対応してくれる弁護士が多くなっています。当時私も転勤で地方にいたため、全国対応の弁護士を選びました。まず、最初に最悪の場合裁判にするかなど細かな方向性や目標額の打ち合わせがありますので安心です。その後も途中経過の連絡もありますので、交渉を代行してもらっているけど状況も分かるので信頼してお任せできました。弁護士が入ってからはやり取りも代行してもらえるので、自分の時間が持てるのと納得できない話でストレスをためることがなかったのが良かったです。 また、何度も自分で「ここの規準がおかしい」と言っても「これ以上は無理です」の一点張りだったのが、弁護士が入ることでコロッと変わったのが助かりました。と同時に保険会社の言うことが嘘だったなとイラっとしました。弁護士を依頼しなければ態度も変わらなかったはずですから、本当にプロの力を借りて良かったです。

賠償請求権について

知人の話しになります。数年ほど前に自動車事故に遭ってしまったようで、それ以降、保険会社の担当者と話し合いをしているようです。それでもなかなか話しがまとまらず、知人が心配していることとして、交通事故による損害賠償請求権の時効を心配しています。このことを相談されたので、交通事故に強みのある弁護士に相談することをアドバイスしてみました。一般の債権は10年で時効消滅してしまいますが、弁護士から伝えられたことは交通事故による被害者の加害者に対する損害賠償請求権というのは、不法行為に基づく損害賠償請求権として、事故のときから3年で時効消滅してしまうという事実だったようです。弁護士から事故にまつわる書類の提出を促されたのですが、これは時効がいつから進行するのかを調べるためでした。法律の規定では、被害者が加害者を知ったときからなのだそうで、時効の起算日をチェックしていたようです。ちなみに、保険会社との話し合いというのが、加害者が損害賠償責任を負うこと自体には争いはなく、損害額はいくらが妥当かという話し合いだったようです。そうであれば、債務の承認があるといえ、時効は中断できると伝えられたようです。新たに期間が経過するまでは時効消滅しないので安心してほしい旨を伝えられたようです。そうした交渉などを含めて、今後は弁護士と共に、保険会社担当者と話し合いを進めていくようです。これが死亡事故や後遺障害が発生したなどでも、しっかり関与してくれるといいます。

弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私には非がないとされました。救急車で運ばれ緊急処置、一時意識不明、足は大きく腫れて体液が溜まる状態になりました。治療の結果、一部記憶喪失、くも膜下出血と脳挫傷、足の傷で後遺障害14級と認められました。 最初は自分で相手の任意保険の会社とやり取りしていたのですが、金額があまりにも低い、さらに法的に認められる後遺障害判定時に必要な医師の診断書に金額も含めていないなど不信感があり弁護士を挟むことにしました。 今は交通事故なら電話や郵送のやりとりで全国対応してくれる弁護士が多くなっています。当時私も転勤で地方にいたため、全国対応の弁護士を選びました。まず、最初に最悪の場合裁判にするかなど細かな方向性や目標額の打ち合わせがありますので安心です。その後も途中経過の連絡もありますので、交渉を代行してもらっているけど状況も分かるので信頼してお任せできました。弁護士が入ってからはやり取りも代行してもらえるので、自分の時間が持てるのと納得できない話でストレスをためることがなかったのが良かったです。 また、何度も自分で「ここの規準がおかしい」と言っても「これ以上は無理です」の一点張りだったのが、弁護士が入ることでコロッと変わったのが助かりました。と同時に保険会社の言うことが嘘だったなとイラっとしました。弁護士を依頼しなければ態度も変わらなかったはずですから、本当にプロの力を借りて良かったです。

 

 

 

 

交通事故 弁護士 福岡

タクシーとの事故

知人のお母様(70代)が家の近所の道路で交通事故に遭いました。幹線道路上の交差点での事故でした。お母様が青信号を渡り始めたところ左折してきたタクシーに接触しました。目撃者の証言によるとタクシーは一度接触した後に何故かバックをしたのだそうです。その時に転んで倒れていたお母様の足を轢いたかたちになってしまったようです。お母様は救急車で病院に運ばれてすぐに緊急手術を受けました。幸い命に別状はありませんでしたがお母様は杖なしでは歩けなくなってしまいました。知人は保険会社を通して相手方のタクシー会社に対して損害賠償の話を進ました。しかし相手が一方的に自分たちに非があるとは認めたくないらしくなかなか話が進まなかったようです。知人としては青信号で渡っていたお母様に非があるとは到底思えませんでした。そこで保険会社を通して弁護士を立ててもらい裁判も辞さない考えを相手方に伝えたようです。それに対して相手方も弁護士を立ててきたようです。話し合いはお互いの弁護士同士のやり取りに任せることになりました。知人は何度も弁護士との話し合いを繰り返していました。そうこうしているうちにお母様にガンが見つかりました。高齢とガンのある場所が手術が困難な場所であるため抗がん剤での治療を行いました。しかし治療の甲斐もなくお母様は亡くなってしまいました。交通事故に遭ってから3年が過ぎていました。実はその間も交通事故の件は解決していませんでした。訴訟まではいきませんでしたが弁護士同士のやり取りは続いていたようです。知人にはお母様が亡くなってまで争う気力はなかったようです。それからしばらくしてこの件は終わりにしたと話していました。最終的に相手方にどの程度の賠償責任が認められたのかは聞いていません。