正直者は損をするんだなと感じた話

数年前のことです。
私は出勤しようと自転車で職場に向かっていました。いつものように住宅街の路地を抜けて職場に向かい、職場近くの住宅街の交差点を通過しようとしたその時・・・左から走ってきた車と衝突しました。
本当にその瞬間のことは走馬灯のようにスローモーションで記憶しています。左からスピードを出した車が向かって来て、頭では「避けられない」「ぶつかる」「死ぬかも」・・・と恐怖を強く感じながらも冷静に分析していたように思います。
ドーンっと音がして、自転車ごと3メートルほど吹っ飛ばされました。「轢かれると死ぬ」と思ったのでなんとか車の進路から外れようともがいたのを覚えています。
パニック状態でしたが、車が停止したのを確認すると恐怖で体が震えると同時に、死ぬことはなさそうだと安堵しました。
車を運転していた男性が降りて近寄ってきて「大丈夫ですか」と声をかけてきました。そしてたまたま通りかかった方が救急車を呼んでくれました。
幸い意識もあって動くこともできたので、救急車を待つ間、運転していた方に警察への連絡と保険会社にも連絡をと伝えました。運転していた方も事故を起こしてしまったことでかなり動揺し、また私に対しても「すいません」と声をかけ心配しているように見えました。
通りかかった方が、運転していた方に対して「スピードを出しすぎじゃないのか」と注意していたのを覚えています。私も自分が走っていた道路の方が道幅が広かったし、細い路地をスピードを出して走っていた方に対して怒りもありましたが、怒鳴る気力はありませんでした。
救急車に乗って病院へ行き、検査したところ、大きな怪我はなく捻挫程度で済みました。その際、運転していた方と警察の方が来られ、話をしました。
警察から私が走っていた側に一時停止があったことを伝えられましたが、徐行で交差点を走った記憶はあるものの停止した記憶がなかったので「止まってないかもしれません」と答えました。自分にも非があったこと、怪我も大したことがなかったことから警察の方は一旦そこで帰られ、運転していた方とも激しく言い合うことはせず、後は保険会社を通じて連絡を取り合う、ということで別れました。
その後、数日たっても何の連絡もないため警察の方に連絡をしたら、相手の方が任意保険に入っていなかったことが分かりました。
私は、事故にあって怪我をしたのに、相手に怒鳴ったりせず冷静に対応したのに、こんな目に遭うのかと愕然としました。
その後家族と相談して、自動車保険の弁護士特約を使って弁護士の方に依頼し、相手の方と話をすることになりました。
詳細としては、相手の方は知人の車を借りて運転していた、事故のあとまずいと思ってあわてて保険に入ろうとしたが出来なかった、逃げようとしたり反省していないわけではなく治療費なども支払う意思がある、とのことでした。
しかし、私が一時停止を怠っていたこともあり、過失割合が6対4程度にしかならず、車の修理代+自転車の修理代+治療費を過失割合にすると、結局私が相手の車の修理代をいくらか払うような結果になりました。納得できなくて、相手に少しでも痛い思いをさせてやりたいような気持ちになりましたが、これ以上はどうすることもできないと言われました。
弁護士さんから「相手の方からお金を出させることができれば一番良かったけど、自賠責からお金は振り込まれるし、私自身も保険で弁護士費用などもまかなわれるので、どこから出てもお金には変わりないので、このことに関してこれ以上やり合っても辛いばかりなのでこれで納めてはどうでしょう。相手の方に対しては任意保険も入らず車を運転したこと、その後の不誠実な対応に対しても私から厳しく抗議します。警察署の届け出も人身事故で受理されています」と話がありました。
これ以上もがいても、先がなさそうなことと、怪我もなく、自分が金銭的な損をしないこと、この件に構わず先に進方が方が自分にとって良いと思ったことから、弁護士さんに「わかりました。それでいいです。」と伝えました。
その後、事故の後遺症もなく元気に過ごしていますが、いまだに交差点が怖いです。この時の事故のことは納得できていない部分もありますが、ひとつ勉強になったと思って自分のなかで納めています。

弁護士特約のありがたさ

数年前、外が暗い時間に子供の習い事の迎えに出ようと駐車場から車を出したところ、うちの目の前に停まっていた車に気づかず、少しぶつけてしまった。その時はアパートに住んでいたのだが、ふと見ると同じアパートの隣の部屋に誰かが訪れていて、その車はどうやらその人のもののようだった。子供達も迎えに行かなくてはならないし、何でこんなところに停めてくれちゃってんだ、しかも駐車灯も付けずおまけに青い車、、どうやって気づけと言うんだ、と色々イライラとした感情が溢れ出したが、とりあえずそのままにはできないと、隣の部屋にいる車の持ち主に言いに行った。ぶつけたことを言うと、警察に電話しておくので、とりあえず子供達だけは迎えに行ってきてとのことだったので向かった。私は気が動転していたので迎えにいきながら主人に電話をして事の説明をした。すると主人は、停めてはいけないところに停めていた方にも非がある、10対0の案件なはずがない、弁護士特約をつけているから、保険会社に問い合わせて対応しようと言われた。子供と共に家に戻ると、警察がちょうどきたところで、事故の状況を説明した。ここは白線を超えて車を停めてはいけないところだという事も警察の人に確認をとった。相手の人は私が全て悪い、と主張したが、私は弁護士の方に相談すると、6対4で処理をしてくれた。その際に、何度か経緯や確認の電話があったものの、直接面談もせずに事を進めてもらえたので、働きながら子育てに追われていた私には好都合だった。おそらく弁護士の方に入っていただかなければ、10対0で処理されていたかもしれないと思うと、ちゃんと保険に弁護士特約をつけていたことに感謝した。

交通事故!保険会社の対応に不信を持ち弁護士依頼をした経験・・・!

母が交通事故にあった時に初めて弁護士を依頼しました。 その時の話を書きます。 毎朝、母は車で職場へ通勤していました。 事故があっと日も、いつも通り車で自宅を出発して、赤信号で停止していたところ 後ろからタクシーに衝突されました。 タクシーはほとんどブレーキを踏まないで衝突してきたため、母の車は後部座席がぺちゃんこに・・・ 幸い、タクシーの運転手さんも母も無事でした。 警察の方から、人身事故にするかどうか聞かれましたが、タクシーの運転手さんから 「人身事故を起こすと免停になり仕事が出来なくなってしまうので人身事故にしないでほしい」 とおねがいされ、母もかわいそうだと思い、人身事故扱いにはしなかったそうです。 ただ、事故の原因はタクシー運転手さんのよそ見運転で、停止している車への衝突だったので 過失割合は母が0、タクシー運転手さんが100で認められました。 ですが、母はその日の夜から首や背中が痛く、頭痛と吐き気に襲われるようになりました。 病院へ行き、交通事故の後遺症ということで診断がおりしばらく通院が必要になった時の事です。 事故後の対応をしてくださっていた、自動車屋さんから連絡があり、 「保険金額は〇〇になります」と。 事故のせいで車は乗れなくなり新車への買い替えが必要でした。 ですが、母が乗っていた車は購入してから9年ほどたっており、 保険会社からは十分な保険を受けることが出来ませんでした。 納得できなかったので、保険会社へ直接電話して、 病院への通院が必要で、いつまで通院が続くかもわからない。 そちらの保険は出してもらえるか聞くと 「それもできない、納得できないなら弁護士特約が付いているので  弁護士さんに相談したらどうですか?」 と言われたそうです。 母は偶然CMで見た弁護士事務所へ 相談だけでもと思い話をしに行くと、 担当の弁護士さんはとても親身になって話を聞いてくれて、 母の力になってくださいました。 弁護士さんにお任せしてからは、全て弁護士さんが対応してくれたので、 母のストレスも減りましたし、何よりこの弁護士さんに任せていたら大丈夫だといった安心感もあった様です。 結果、全て弁護士さんが解決してくだいました。 弁護士さんに依頼をするのは敷居が高く敬遠してしまいがちですが、 生活で困ったことがあり、自分では解決が難しい場合、 相談だけでも一度頼ってみることをお勧めします。

交通事故で義理の妹を亡くした

交通事故で義理の妹を亡くしました。それは深夜、バイトの友達の車の後部座席に乗っていたそうです。結構速度が出ていたらしくハンドル操作を間違えて電信柱に横から激突、 あっけなくいってしまいました。そののち、その旦那から電話が来て、今、弁護士さんと相談してるんだけど運転手の相手は反省しているけれども何にも謝りに来ないしどうなってんだとかんかんになっていました。弁護士さんによりますと、相手も弁護士は当然入っていることですから、相手の出方を見ましょうとのお話をされたそうです。まー、今は妹のことを考えようねと旦那には言いました。ところがさー大変。事故の時に前方から来た車に接触しその運転手は半身不随になったと聞いてそれはどうなってるんだと情報を確認してみるとそちらはスムーズに保険金等に話し合いにおおじている話を聞きました、さー大変です。こちらは亡くなっているので話はご無沙汰。そちらはスムーズに話が進んでいることに旦那はかなりのけんまくで弁護士に話に行ったそうです。そしたれ、わかりました、こちらも話を聞いてみましょうってことでその時点では、泣く泣く了承して帰ったそうです。一週間しても弁護士からは連絡もなく何してんだと旦那からはいつも電話くるし、弁護士も何してんだろと私の方も心配になるくらいでした。ようやく連絡が来たのは一か月後、弁護士からは申し訳ないまだ先方と連絡とれていない、拒否されているようだとの話でした。そして数週間して別の弁護士を探して色々話した結果、弁護士を変えることにしたそうです。

知人の体験談

じぶんは現在でありますが35歳の男性会社員をおこなっております。これは知人の女性の体験談となっております。知人には11歳になる女の子の娘さんがいます。それで今年の6月に交通事故にあったことを知らされました。娘さんが横断歩道を歩いているときでありますが、車が停止をせずに巻き込むような形で左折をして接触をしてしまったのです。打撲で済み、重症になることはなかったのです。加害者の方もしっかりと謝罪をしているのです。その場で示談をすればよかったと個人的には思っているのですが、弁護士の方に相談をしたようです。弁護士の方でありますが、やはりおすすめは謝罪金と治療費だけを請求するということでありました。知人の女性は激昂をしたようであり、裁判なども起こして告訴をしたいと訴えたようでありますが、そこまでのお金をとることができない。娘さんも事故当時はイヤホンを着用していたので危険回避を自ら怠っていたという話にもなるので、こちらに責任が全くないといえない、それで加害者の方も反省をしているのであれば示談をしたほうがよいといわれたようです。裁判を起こすのにもかなりの費用がかかるようです。それで知人の女性も納得をしたようであり、今回はそれで丸くおさまったようです。自分が知人の立場であれば、自分の娘が重症でなければそれでよいかと思います。やりすぎて相手の恨みなども買いたくはないと個人的に思います。ほんとうにすごい体験談でした。

入院慰謝料を受け取れた

知り合いは交通事故に遭い、入院慰謝料として50万円ほどの交渉をされたらしく、しかし納得いく示談額ではなかったようです。そこで弁護士に依頼をし、最終的にはその倍近くの示談金を受け取ることになったようです。傷害状況としては骨折をしており、後遺障害はありません。治療期間は6ヶ月でした。解決方法としては弁護士による交渉での示談になり、交渉期間はスピーディーなもので10日もかからなかったと聞きます。交通事故は、バイクと自動車の衝突事故で骨折をしてしまい、傷害慰謝料を受け取ることになりました知り合いは、バイクで走行中、青信号の交差点を直進しようとしたらしいのですが、対向車線から右折してきた車両が目の前を走行、避けきれずに相手方の自動車に衝突してしまい、骨折をしてしまったようです。相手方の任意保険会社からは、損害賠償額計算書が届いたらしく、提示された入通院慰謝料の金額が少ないように思えたようです。依頼した弁護士は、着手金なしの完全出来高制を謳っていて、弁護士費用特約なしの知り合いは、費用リスクが無いことに加えて、しっかりと成果を残すことができていました。被害者なのに、なぜに加害者が有利に口を出せるのか、そして相手方の任意保険会社の担当者の上から目線な発言にも不愉快な気持ちがしたと聞きました。謝ることもしない、そうした加害者への苛立ちもあり、弁護士にはその気持ちを代弁してもらえたカタチになったと言っていました。

弁護士特約に助けられた話

私が当時付き合っていた彼氏の家にバイクで向かっている際に起きた事故です。 信号待ちしていた乗用車をすり抜き先頭に出た後、しばらくその乗用車は常識的な車間距離を保って後ろを走っていました。 その後私は前を走っていたトラックに追いつき、丁字路で左折しようとしたところ左折先が混んでいて、同じく左折していたトラックと共に徐行していました。 この時信号は黄色信号になっていて、後方を走っていた乗用車がもしかしたら右折したいかもしれないと思い、少し左側に寄せて徐行していたら、乗用車は信号で停まりたくなかったのか右側から私を追い抜き大回りで左折し反対車線で停まる羽目になっていました。 しばらくして反対車線の信号が青となったのですが、乗用車が大回りしたものの結局前が詰まっているため元の車線に戻れずに進路妨害する形になっていたからか、無理矢理元の車線に戻ろうと私の元へ幅寄せしてきました。 しかし私の前にはトラックがいて私も前に進むこともできず。 そのまま停車しようにも、斜めに幅寄せしてきたため私は内輪差で当たってしまいそうになります…。 車を避けるには少しでも前へ進む以外に方法はなかったので、徐行しながら左に避けていたのですが、乗用車は構わず幅寄せ。 とうとうこのままじゃぶつかってしまうと思い、クラクションを鳴らしながら左側に転けてしまうという事態に…。 幅寄せから転倒まで数秒の出来事でした。 その後乗用車の方が警察を呼んでんくださり双方の保険屋に報告し…と順調に進んでいたのですが、相手方の保険屋から事故状況の確認をされたところ、「十字路の交差点」「私が後ろを走行していて勝手に転倒した」など嘘の情報を伝えられていました。 その後相手方の保険屋も連絡が取れないということで話がなかなか進まなかったりで困っていたので、弁護士特約で弁護士にお願いすることにしました。 裁判が始まっても相手側は嘘の内容を提出していたりと頭を抱える日々が続きましたが、根気よくめげずに頑張った甲斐もあって3年ほど経過し成立となり、幕を閉じました。 当初希望していた過失割合は0:10で、1:9になってしまいましたが、なんとか無事に幕を閉じることができてよかったです。

福岡 交通事故

アルバイトの帰り道、普段は誰もいないはずのその場所に

現在私はあの当時の面影がないくらいに誠実に日々を過ごしています。 事故当時、19歳で西東京の私立大学に通いつつ、アルバイトや奨学金でもつて生計をたてていました。日々の多忙さもあってか不注意や怠慢なところが見受けられ、通勤で使っていた原付バイクの運転において、度々一時停止を無視してしまったり、大きな交差点の二段階右折左折の指示にも従わず、警察の補導をよく受けていました。 そして当然の結末ではありますが、寒々とした11月中旬の夜21時頃、アルバイト帰りの夜道で事故を起こしてしまったのです。 その道路は田舎の線路沿いで、2キロメートルほど信号のない道が延々と続いており、車がたまに走る程度のひと気の全くない場所でした。 早く帰宅したい私は、原付バイクの規定速度より大幅にスピードを出し直進していました。とすると、突然鈍い音とともにバイクが横倒しとなり、8メートルほど引きずられていたのです。右足関節部分に激痛が走り、頭部からは血が滲み出ていました。一体何が起きたのかと周囲を見渡してみると、30代くらいの男性が道端に倒れており、もう一人の同僚とも見える方が救急車を呼ぶために電話をしている際中でした。 どうやら、私が道沿いを歩行している男性の一人にバイクをぶつけてしまったようです。まさかの私が人身事故の加害者となりました。 両親や職場の方々、友達、そして被害を受けた相手方へ 未成年であったため、事故の収束は両親が取り次いでくれ、大事には至らず示談交渉で解決しました。 一方で、起こした事故の損害の規模や重大さについて無知であった私は、ただただ何もできず、周囲の方々が進めていく後処理を必死に理解していくことしかできませんでした。 けがの程度として、私は前頭部に六針縫う傷と右膝関節の捻挫で済みましたが、被害の相手方は右膝の骨折と背部強打という事態となりました。そして、相手方は物理的な身体の損傷とは別に精神的な苦痛も訴えておられ、実際の示談で争点となりました。 また、事故に絡む法律や賠償金等の詳しい事情については互いに不利にならないよう専門の方々に依頼をすることを前提に、私自身にできる事故当時の状況についての説明を正確に伝えるよう努力をしました。 その後、自賠責保険を中心に私自身側の保険会社や両親が加入している保険会社に保証と示談を頼みこみ、相手側の保険会社と直後交渉を仲介していただくかたちで、何とか短期間のうちにやり取りは終息に至りました。 あの事故当時から数年ほど経ちましたが、被害を受けた方は今どうしているのだろうかと時々考えてしまいます。 もし打ちどころが悪ければ、お互いに身体に障害をもっていた可能性も否定できません。自分の不注意が周囲の方々を巻き込んでの一大事となってしまうことに気づかされました

配給会社の目の前でひかれた体験

正直に言うと申し訳ない(加害者に対し)ような事故でした。 持病で私はメニエールにかかっていました。(2年ほど前) メニエールはめまい等を引き起こす三半規管系の現代病です。 その日は好きな漫画の発売日で、漫画を読みながら歩いていました。 漫画を読んでいたせいか、持病のめまいなのかわからないのですが、ふとくらっとした瞬間がありました。 その場所が調度タクシーの配給会社(ガスステーションのような)の目の前で宅シガーがいつも長蛇の列をなしています。 ほとんど徐行運転の状態でしたがタクシーがその配給会社に入ろうとした所に、私はクラクラし、半分倒れかかるようにタクシーに接触されました。 私はその時リュックにPCを入れて持ち歩いており、とても高価なものをしようしているので、そのPCの状況のうほうが気になりました。 わたしは地面に倒れいしきはしっかりあるものの、くらくらしているためなかなか立ち上がることができませんでした 出血はありませんでしたが倒れたときにぶつけたのか左足のスネあたりが打ち身のような痛さを感じていました。 タクシーの運転主はすぐに降りてきて救急車を呼んでくれました。 目の前の配給会社さんの応接室のようなところに通され、救急車をまちました。 その後病院での診断は打撲でした。 タクシー会社からはお見舞金を1週間後くらいに頂きましたが、それ以外は特に何もありませんでした。 会社の顧問弁護士と仕事の打ち合わせをする機会があったのですが、そのときに雑談でその件を話した所、 それはそのままにしちゃダメだよ。 ちゃんと弁護士通して会社側と話をしたほうがいいと言われ、事故をご専門にやられている弁護士様を紹介されました。 私の心情的には打撲程度でPCは何とか動いていたので良しとしていましたが、流れのようなもので紹介された弁護士さんにほぼおまかせする形で、 事故のタクシー会社と話し合うことになりました。 その後治療費はもちろんですが、慰謝料などでかなり多くの金額をいただくことになりました。

10対0が不利

以前に私の両親が事故に巻き込まれました。 両親は自営業の仕事で軽自動車で移動していて、携帯電話が鳴って路肩の凹んでいる停車出来る場所に止めて、電話の対応をしていました。 そこへよそ見をしていた乗用車が後ろからかなりのスピードで、両親の軽自動車に追突しました。 かなりのスピードで軽自動車はひっくり返る状態になり、父は頭から血を流し、母も身体を打ち、反対になっている為ドアも開けられず、ぐったりしている父とガソリンが引火して爆発したらどうしようと恐怖が頭を過ぎったそうです。 近所の方々が出てきて下さり、ドアを開け両親を助け出し、救急車や警察の連絡をしてくれました。 その間、加害者はオロオロしているだけで何もしなかったそうです。 命に別状ないが、全治3ヶ月の怪我でした。 加害者は自家用車ではなく、会社の車でしかも不倫中だったようで勤務中に女連れでした。 それがバレたくないのか会社への連絡を拒み、女は逃げて、その後も言い訳を続けて話が進まらなくなりました。 加害者の自動車保険会社に対応を求めると10対0の場合は示談代行サービスの利用が出来ないと言われてしまいました。 何のための保険なんだととても怒りを感じました。 0で無ければと言うことでしたが、こちらに落ち度は全く無いためそれは変わりませんでした。 加害者はその後、支払える金がないなどの言い訳などをして、連絡しても取らないなど逃げまくっていました。 こちらの保険会社は入院などの間のお金などサポートがありました。 しかし、10対0でこちらが全く悪くないのにこちらだけが損をして怪我に苦しむ状況が許せないと思い、私が知り合いの弁護士に頼み、加害者へと、加害者の会社へ対応をするように求めたところ、ようやく観念したのと、会社側からも謝罪をしてもらい示談金を貰うことに成功しました。 弁護士からは加害者が会社の車を使っていたのがよかった、会社に対しても訴えることが出来たからと言われました。 加害者が自家用車で10対0で、保険会社対応不可だど払う金がないと逃げ回り、払わないケースが多いそうです。 10対0だと保険会社が対応しない、こちらが不利になるなんておかしな話だと思います。